ファッション、レンタルサーバーから電化製品までなんでも「これいいね」と思ったものを紹介するサイト

これいいね

WordPress レンタルサーバー・VPS

WordPress高速化を目指すならレンタルサーバーの性能が重要

投稿日:4月 4, 2017 更新日:

はてなブログやLivedoorブログ、アメブロなどの無料ブログができたおかげで誰でもブログを簡単に立ち上げて情報発信できる環境になりました。
特にはてなブログはSEOにも強く「はてなブックマーク」と連携することでアクセスを比較的集めやすい言われていますが、サイトが育ってくると、どうしても越えられない壁があります。

それは「ブログの表示速度」です。
無料ブログ(有料プランに切り替えても)はどうしてもカスタマイズに制限があり、無駄な機能を省いたり、HTMLの構造を変えたりできないところがあるので速度アップにも限界があります。

このサイトも当初は「はてなブログ」で運営していましたが、どうしても表示速度が遅く、改善しきれなかったのでWordPressに移行しました。

WordPress高速化を目指すならレンタルサーバーの性能が重要

当サイトはWordPress移設当初はロリポップ!で運用していたのですが、どうしても00:00や10:00といった定刻になるとサーバー自体の動作ががとても重たくなると言う事が解決できずサーバーを変更しました。

SDD搭載のレンタルサーバーが速い

いろいろとサーバーを比較検討しましたが、やはりWordPressを速く動作(表示)させるにはマシンスペックもさることながらやはりディスクに「SSD」を採用してるサーバーが良いだろうと言う事でわたしはMixHostを選択しました。

MixHostの特徴

MixHostの特徴はなんと言っても格安でSDDのサーバーがレンタルできるということでしょう。
MixHostはWordPressを高速表示させるために以下の取り組みがなされています。

  1. Apacheよりも数十倍~数千倍高速な「LiteSpeed」Webサーバーを採用
  2. 最新のピュアSSD構成のハイスペックサーバーを採用
  3. 国内最大級732Gbpsの高速バックボーン
  4. WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を提供

どれもWordPressを高速表示させるための仕組みなのですが実際に移行してみると確かに速い。
ほぼ1秒以内に表示できているのではないでしょうか。

特に最後の「LiteSpeed Cache」に関してはWordPressのプラグインとしても提供されており、プラグインを有効化させるだけでハイパフォーマンスなキャッシュ状態を作れます。
他のキャッシュ用プラグインと比べても全くトラブルなく運用できています。

まとめ

WordPressの運用を始めてサイトが育ってから「遅い」といことでの移設は大変でリスクもあるので、これからWordPressでサイト運用を始めようとされている方は初めから高速なレンタルサーバーを選択しておきましょう。

MixHostの詳細

mixhost
初期費用 月額 ディスク容量
0円 480円~ 10GB~ SSD

MixHostは、月額480円から利用できる、高速・高機能・高安定性を追求した、ピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。また1サイト4,980円のリーズナブルなWordPress移転代行サービスもあります。複雑なWordPressの移転もらくちんです。

-WordPress, レンタルサーバー・VPS
-, , , ,

Copyright© これいいね , 2017 All Rights Reserved.