軟水と硬水の違いは何だ?ミネラルって?

水、水滴

巷でよく聞く「軟水」と「硬水」。

水が「やわらかい」「硬い」ってちょっと不思議です。

軟水と硬水はその含まれている成分の違いから口当たりが軟らかく感じたり、硬く感じたりするので「軟水」や「硬水」と呼ばれます。

その違いを今回は明らかにします。

軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。
水の硬度は、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水と定義されています。

日本での一般的な分類
区分硬度
軟水100mg/L 未満
硬水100mg/L 以上
WHO(世界保健機関)での定義
区分硬度
軟水60mg/L未満
中程度の硬水60mg/L~120mg/L
硬水120mg/L~180mg/L
非常な硬水180mg/L以上

硬水の効能

マグネシウムを多く含む硬水は、消化器系に影響を与えて便通を良くする効果が期待できます。
ただし、胃腸が弱い人の場合は、マグネシウムの影響でお腹がゆるくなってしまうこともあります。
また、カルシウムやマグネシウムが多く含まれている硬水には、血液をさらさらにする効果があると言われていて、動脈硬化を予防して、心筋梗塞や脳梗塞といったリスクを減らすことが期待されています。
ただし、腎臓の機能に問題がある方が硬水を多量に摂取すると、硬水に含まれているカルシウムをろ過しきれないため、結石のリスクが高くなります。

軟水の効能

軟水はマグネシウムの含有量も少なくお腹にも優しいため、赤ちゃんや小さな子どもにも安心して与えることができます。
軟水は肌や髪にも優しく、身体や髪を洗っても心配はほとんどありません。
ただし、含まれるミネラルの量が少ないのでミネラル補給には適していません。

ミネラルとは

「ミネラル」は、たんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつで、人体に存在するもののうち炭素、水素、窒素、酸素を除いたものを指します。
その中でも、体の機能維持や調節といった重要な役割を果たすミネラルが「必須ミネラル」です。さらに、この必須ミネラルのうち、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、ナトリウム、硫黄、塩素の7つが「主要ミネラル」、鉄、銅、ヨウ素、マンガン、セレン、亜鉛、クロム、コバルト、モリブデンの9つが「微量ミネラル」と呼ばれています。
すべての要素は適度な量を摂ることが良く、欠乏症だけでなく過剰摂取も病気の原因ともなり、ミネラルは人の体内で作ることはできないため、毎日の食事からとる必要があります。

カルシウム

カルシウムの働きは骨を作ることと血液の凝固作用や筋肉の収縮作用に必要なものです。
また、神経の興奮や血圧をコントロールする効果もあります。

マグネシウム

マグネシウムは、頭骨や骨格を構成する役割や、たんぱく質を合成する作用、神経や筋肉の興奮や緊張を正常化する働きがあります。

リン

リンは骨や歯の形成に使われています。また、腎臓と心臓の働きや脳や神経の伝達といった役割も果たします。

カリウム

カリウムは、細胞内液の浸透圧の調整、筋肉の収縮や神経の刺激伝達などです。

ナトリウム

ナトリウムは、体液浸透圧の維持、神経の刺激伝達、食欲の増進などです。

硫黄

硫黄は毛髪や皮膚、爪、軟骨、骨、腱などを作るのに必要な成分です。

塩素

塩素は胃酸の成分になり、肝臓の働きを助けて体内の老廃物を除去したりする役割があります。

まとめ

日本の水道水は分類上は軟水です。なのでなれていない硬水を多くとるとおなかを壊したりする人もいるので硬水を取る場合は注意が必要です。

以上、「軟水と硬水の違いは何だ?」でした。