アコギがカッコいい曲~シュプレヒコールに耳を塞いで

音楽

今回のアコギのカッコいい曲はTHE ALFEEの「シュプレヒコールに耳を塞いで」です。

この曲はTHE THE AFLEEのアルバム「JOURNEY」に収録されていますが、個人的に知ったのは「ALFEE GET REQUESTS」です。

作詞、作曲はTHE ALFEEのリーダー「高見沢俊彦」さんです。

この曲は全般を通して坂崎幸之助さんと高見沢俊彦さんのアコースティックギターだけの演奏で進んでいきます。

イントロからもうカッコいいですよね。

しかもこのギターテクニックは本当にやばい。
わたしは残念ながら耳コピはできないので楽譜を探そうかと思ったのですが、見つかっても多分(いや、絶対)弾けません。
(これコピーできたらむっちゃカッコいいです。挑戦してみては?)

う~ん、うらやましい。

間奏は2台のアコースティックギターでの掛け合い(?)があります。
これもまたカッコいい。

曲のテーマは「学生運動」と少し重たいテーマですが、アコースティックギターの調べがそのような雰囲気をより一層光らせています。

THE ALFEEの「シュプレヒコールに耳を塞いで」。アコギ好きなら絶対聴いておきたい1曲ですね。