大阪から行ける奈良県のカブトムシやクワガタをゲットできるおすすめスポット

カブトムシ

梅雨が明けるといよいよやってきます、昆虫の季節が。

昆虫の中でも「王様」と呼ばれるのがカブトムシではないでしょうか。

大阪などの都会では野生のカブトムシはなかなか見られませんが、少し車を走らせて奈良県の方へ行けば、今でもまだカブトムシが獲れるスポットがあります。

大阪から行ける奈良県のカブトムシやクワガタをゲットできるおすすめスポット

最近では子供たちも成長しさすがに「カブトムシ獲りに行きたい」は無くなりましたが、小学生低学年の頃は毎年夏になると20時頃に家を出て朝方までカブトムシ獲りに出かけたものでした。

そんな中で見つけた大阪から行ける奈良県のカブトムシスポットです。

信貴山にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)

大阪と奈良の間にある信貴山。その山頂付近にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)。

昼間は参拝の方がたくさんいらっしゃるのですが、夜はほとんど人は居ませんでした。

ここの参道にはたくさんの木が生えており、その木をよーく見るといるのですカブトムシが。

特に「剱鎧護法堂」につながる参道とお堂付近ではカブトムシやクワガタムシを何度もゲットしました。

正直、夜のお堂は気味悪い部分もありましたが、子供たちは恐怖を感じている様子はなく、必死にカブトムシを探してました。

でも、ここは神聖な場所なので、節度を守った行動をお願いしますね。

橿原市の橿原神宮

次は橿原市の橿原神宮。

ここは超有名な神社ですね。

橿原神宮は木にいるというより、木の根元の葉っぱをどけると居るイメージでした。

夜も出入りは自由にできるのですが、ここも神聖な場所なので迷惑にならないように細心の注意を払ってください。

橿原市昆虫館の近くの公園

これも橿原市なのですが、橿原市昆虫館の前にある公園。

結構な広さの公園の周りに林があり、そこにもカブトムシいます。

でもここは昼間しか行ったことなく、見つけるには木の周りに溜まった腐葉土を掘り起こして眠っているカブトムシを見つけました。

結構な重労働です。

決して木に傷をつけたり、他の人の迷惑にならないようにしてくださいね。

まとめ

意外と都会の近くにもまだまだ野生のカブトムシは居ると思います。

注意としては

注意
  • 絶対に入ってはいけないところには入らない
  • 木やその他の生き物を傷付けない
  • スズメバチや蛇などの危険生物に注意する
  • 騒いだり、迷惑駐車など他の人に迷惑になることは絶対しない
  • その他、安全確保を第一優先で行う
トラブルなどの責任は一切取れませんので、すべて自己責任でお願いいたします。

以上、「大阪から行ける奈良県のカブトムシやクワガタをゲットできるおすすめスポット」でした。