ハチのオスは実は刺さない。でもなんで?

ハチ

先日テレビをみてると、これまで考えたことのなかった衝撃の事実が語られていました。

それは
ハチのオスは針がないので人を刺すことはない
と。

えぇぇ?でもなんで?

ハチのオスは実は刺さない

ハチのオスは実は刺さない、これは紛れもない事実です。

でも、なんでなんでしょう?

それは意外と簡単な理由で

ハチのオスが刺さない理由
ハチの針はもともと産卵管が変化したもの。産卵管のないオスには針はできない。
ということで、もともとハチのオスには「針ができない」のです。

だから刺したくても刺せないのです。

わかってみれば「なるほど」ですね。

まとめ

ハチのオスは生物学上オスには針ができないようです。

でも、素人が見た目にハチのオスとメスを見極めるのは難しいですし、ハチのオスとメスの割合は1対9と圧倒的にメスが多いようです。
(クマバチのオスとメスの比率は大体5対5だそうです。)

なのではやりハチは危険な昆虫に変わりはないので、むやみに近寄ったり刺激したりしないようにしましょう。

以上、「ハチのオスは実は刺さない。でもなんで?」でした。