過敏性腸症候群になると映画館の真ん中の座席に座れなくなる

過敏性腸症候群を発症して腹痛に苦しむ男

過敏性腸症候群、つらいです。

突然来ます、強烈な便意が。

過敏性腸症候群を患うと映画館で真ん中の座席にすわれなくなる

映画館では一番見やすい真ん中の座席でみたいですよね。

でも無理なんです。過敏性腸症候群と闘う男には。

映画館の座席の前後は、座っている人に「すみません」とペコペコしながら通してもらわないといけないくらいのスペースしかありません。

どうするんですか?映画の途中で便意を催したら。

せっかく映画を楽しんでいる人の前を「すみません」と言って通れますか?

無理ですね。

じゃあ映画が終わるまで我慢できますか?

地獄ですね。せっかくの映画も楽しめません。

なので過敏性腸症候群と闘う男は映画館での座席は必ず端っこです。

もし端っこが空いてなければ立ち見です。

それくらいの気合がないと過敏性腸症候群と闘う男には映画を観る資格はないのです。

そんなことなので、彼女と映画観に行くなんて夢のまた夢。

観に行ったとしても「えぇ、端っこじゃなく真ん中に行こうよ」なんて言われたら困ります。

つらい。

始めは「わかった、じゃ端っこで」と言ってくれる彼女も、何度もその状況が続けば「大丈夫、おなか痛くならないって」などと無責任なことを言い出して、最期には「あなたとは映画観に行ってもたのしくない!!」とか言い出すのです。

結局最後はそうなるのです。

だから過敏性腸症候群と闘う男は映画観に行かなくなりました・・・。

ま、こんな感じです。